Official
scroll

コンパニオンにも種類がある?種類別コンパニオンのすべて

コンパニオンにも種類がある?種類別コンパニオンのすべて

コンパニオンと聞くとどんな仕事を想像しますか?コンパニオンには多くの種類があります。皆さんがイメージしているコンパニオンは何ですか?今回はそんなコンパニオンの種類についてまとめました。

コンパニオンとは?

コンパニオンにも種類がある?種類別コンパニオンのすべて

モーターショーや、コミックマーケットで商品をPRするイベントコンパニオンを始め、宴会でお酒をお酌する宴会コンパニオン等、コンパニオンと呼ばれている人達の仕事とは一体何なのでしょうか?

コンパニオンの仕事内容

コンパニオンの仕事内容は、その種類によって様々です。

イベントコンパニオンのようなモーターショーやコミケ等大きな会場で来場者に商品をPRする仕事や、大きなホテル等で行われる立食パーティ等で食事やお酒を給仕するのもコンパニオンの仕事です。

水商売と勘違いされがちなコンパニオンですが、その仕事内容は多岐に渡っているという事が分かります。

コンパニオンの基本

コンパニオンは英語です。直訳すると「仲間」、「連れ」、「付き添い」という意味になります。

しかし、日本におけるコンパニオンの意味は「接客を行う女性」と言うのが一般的です。場所によっては男性コンパニオンも存在していますが、ほとんどのコンパニオンは女性であることが多いです。

またコンパニオンの別の呼び方として「レセプタント」と言われることもあります。これは、パーティコンパニオンとして使われてきた「コンパニオン」という呼称が、「宴会コンパニオン」、「ピンクコンパニオン」のような風俗系のコンパニオンとの差別化(コンパニオンという名前に対するイメージの悪化防止)を図るために使われ始めた呼称です。

種類別コンパニオン

コンパニオンにも種類がある?種類別コンパニオンのすべて

ここでは種類別のコンパニオンについて解説していきます。

イベントコンパニオン

前述しましたが、イベント等の大きな会場で、商品のPR等を行うのがイベントコンパニオンです。

コスプレや、水着などセクシーな衣装が多いのも特徴です。

モーターショーや、展示会等は多くの企業が新商品を発表します。その多くの企業の中で注目を集め、客足(バイヤー)を集めないと、企業側としても新商品を発表している意味がありません。その為、多くのバイヤーが男性である事から、女性のイベントコンパニオンに露出度の高い衣装を着せ、新商品に目を向けてもらえるように誘導しています。

まれに人気芸能人がイベントコンパニオンをしているのには、そういった注目集めの為という理由もあります。

レセプタント(パーティコンパニオン)

パーティーコンパニオンは現在レセプタントと呼称を変え、コンパニオンとしての本来の「接客業」をしています。

レセプタントという呼称を使い始めたのが、日本のパーティーコンパニオンの協同組合です。先ほども述べましたが、風俗系コンパニオンと混合されてしまう呼び名の為、パーティーコンパニオン(バンケットコンパニオンが正式名称)として働く人達の要望もあり、一般公募で選ばれた「レセプタント」という呼称になりました。

仕事の内容は、結婚式やフォーマルなパーティーで給仕を行うのが主な仕事です。

スーパーコンパニオン

コンパニオンにも種類がある?種類別コンパニオンのすべて

ほとんどの人がコンパニオンと聞くと「宴会でお酌をする」だとか、「野球拳などのHなゲーム」を想像します。

そのような仕事をしているコンパニオンを総称して「スーパーコンパニオン」と呼びます。

ノーマルコンパニオン

スーパーコンパニオンの中でも、お触りなしの宴会コンパニオンを指します。服装も自前の私服がほとんどで、お酒を飲めないコンパニオンもノーマルコンパニオンで働いている人が多いようです。

宴会の席でお酌をしたり、お客様との会話を楽しんだりしながら、2時間~3時間の時間で働くことが多いです。

その他のスーパーコンパニオン

風俗系のコンパニオンは、その業者において様々な呼称を用いています。

温泉コンパニオンは温泉地専門で派遣されるコンパニオンで、宴会等でHなゲーム(野球拳等)等で場を盛り上げます。

コスプレコンパニオンや、チャイナコンパニオンなど、「服装+コンパニオン」の業者もあります。この場合、女性コンパニオンが着用する衣服は、コスプレやチャイナ服がメインになります。また、お触り有りの所も多く、業者によっては性的サービスを行う出張風俗的なコンパニオンも存在します。

他にもシースルーコンパニオンや、ランジェリーコンパニオンなど、わかりやすい性的コンパニオン業者もいます。

お客様の好みによって業種が枝分かれしたのが、スーパーコンパニオンと言えます。

まとめ

コンパニオンにも種類がある?種類別コンパニオンのすべて

コンパニオンにも様々な種類があることがお分かり頂けたかと思います。コンパニオンは全体的に見ても、給料が高く、拘束時間も短い事が多いため、多くのコンパニオンが派遣会社に登録しています。

少しでもコンパニオンに興味を持ったのならば、一度派遣会社に仕事の内容などを聞いてみてもいいでしょう。

TOP BACK TO TOP