Official
scroll

モデルのトレーニング目的と日頃からやるべきトレーニング内容

モデルのトレーニング目的と日頃からやるべきトレーニング内容

モデルと言えば、世間一般のイメージは「細くてスタイルがいい」「歩く姿が綺麗」などがありますよね。もちろん、それは間違いではありません。これらが当たり前にできるよう、モデルたちは日々トレーニングを重ねているからです。

しかし、それだけがすべてではありません。モデルを生業としている方々は、周りのライバルたちに負けないよう様々なトレーニングに励んで日々自分を高めています。

では、プロモデルたちはどんなトレーニングを行っているのでしょうか。今回は、モデルのトレーニング内容について解説します。

モデルトレーニングに対するイメージの違い

モデルのトレーニング目的と日頃からやるべきトレーニング内容

モデルのトレーニングは、一般的な人々が想像しているものと、実際とで大きく差があるようです。これは、『モデル』という仕事の実態を知っているか否かに左右されるのでしょう。

では、具体的に一般的なイメージとモデルが行っているトレーニングはどのような違いがあるのでしょうか。モデルになってから「思っていたのと違った!」ということがないよう、しっかりチェックしておいてください。

一般的なイメージのトレーニングと目的

「モデルはスタイルが命」

そんなイメージから、一般的にモデルのトレーニングは運動だと思われがちです。

確かに、スタイルが良くないとせっかくの洋服もカッコよく見えませんよね。まるでマネキンのような完璧なスタイルで着こなすモデルたちは、一般人から見て憧れの存在。その憧れであり続けるためにも、スタイル維持はモデルにとって必須トレーニングと言えます。

実際に現役モデルたちもその多くがトレーニング風景を写真や動画にしてSNSにアップしています。その様子から、いかにモデルがトレーニングを大切にしているかが分かりますね。

モデルが行っているトレーニングと目的

現役モデルたちがトレーニングを行うのは、実はスタイル維持だけが目的ではありません。モデルに求められるのは姿勢の良さ。胸を張り、きちんと腰が乗ったウォーキングを行うためには、体全体を支える筋肉が必要です。

だからこそ、日々の筋力トレーニングは欠かせません。ただ細ければ良いというものではないため、正しい筋肉を鍛えられるようモデルはパーソナルトレーナーをつけて日々鍛えるべき筋肉を鍛えています。

モデルが実際に行っているトレーニング例

モデルのトレーニング目的と日頃からやるべきトレーニング内容

モデルの中には、定期的にジムに通ってトレーニングをしている方もいれば、できるだけ自宅で完結させるようにしている方などやり方は様々です。ただ、最近は「モデルのようにスタイルが良くなりたい」という女性たちのニーズが高いため、トレーニング内容をSNS上に公開しているモデルもたくさんいます。

その中の1つとして、今回はモデルのKōkiさんのトレーニングを見てみましょう。

Kōkiさんは、父親が木村拓哉さん、母親が工藤静香さんという芸能人夫婦の間に生まれたファッションモデル。有名な両親を持つことから注目度が高かったのですが、そんな両親に負けないくらい努力家なところも高く評価されています。

 

2019年にはパリコレで一流ブランド『シャネル』のランウェイも飾ったKōkiさんですが、彼女のトレーニングがあまりにもストイックと話題です。

Kōkiさんがインスタグラムにあげたのは、体幹を鍛えるプランクと呼ばれるトレーニング。肘と爪先だけで体を一直線に支え、安定した体幹を披露しました。

その後、下半身を大きく左右に振るトレーニングへと移行。安定した姿勢を維持しながら下半身を中心とした筋肉をしっかり鍛えています。簡単そうにこなすKōkiさんですが、実際に行うとかなりきつい動きです。こうして日頃から体を鍛えているからこそ、Kōkiさんは世の女性誰もが憧れるようなパーフェクトボディを維持できるのでしょう。

モデルが実践しているトレーニング内容

モデルのトレーニング目的と日頃からやるべきトレーニング内容

モデルが実践しているトレーニング内容が分かれば、一般の方でもパーフェクトボディが目指せますよね。そのため、憧れのモデルがどんなトレーニングを行っているか、そのトレーニング情報を喉から手が出るほど欲しいと思っている方も多いはず。

しかし、効果的なトレーニング内容は目的やその人の体型・骨格などによって変わります。一概に「こうすればスタイルが良くなりますよ」というものではありません。そこで今回は、実際のモデルが行っているトレーニングのポイントを2つ紹介します。

姿勢改善をしながらトレーニング

女性は、男性に比べて筋肉量が少ない傾向があります。特に背中の筋肉が弱く、猫背になりやすいです。

その状態で筋トレをしてしまうと、筋肉が正しく鍛えられず場合によってはガタイが良くなってしまう恐れもあります。それを防ぐためにも行うべきなのが、姿勢改善や骨格矯正です。

女性の筋肉が弱い背中、お尻、もも裏などをメインに筋トレを行うことで姿勢も改善されていき、引き締まった美ボディへと生まれ変わります。姿勢が悪いという方や、なかなか体が引き締まらないと悩んでいる方は、ぜひこの3ヶ所に重点を置いて筋トレをしてみてください。

体をほぐして美しいボディラインを作る

ただ細いのではなく、美しくしなやかな女性らしいボディラインを作ることが大切。そのため、むやみに筋トレをして筋肉をつけても体のバランスは美しくなりません。

そこで行うべきが、体をほぐすこと。例えば、ユニクロのCMでその美ボディが話題となったモデルの松島花さんは、ボディメイクトレーナーのもとでしっかり体をほぐすトレーニングをしています。

体は、筋肉で様々な部分がつながっているもの。鍛えたい部分だけを鍛えても、効率よくアプローチはできません。

そこで、上半身を鍛えたい松島さんがトレーナーの指導のもとに行ったのが太もものストレッチです。太ももを緩めてから上半身にアプローチをした方が美しいボディラインになるということで、しっかり開脚をして太ももをほぐします。

このように、鍛えたい部分が明確なのであれば、しっかり体の仕組みを理解した上でトレーニングを行うことが大切。美しいボディラインを作りたい方は、まずしっかり体をほぐすことから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

「スタイルがいい」とチヤホヤされるモデルですが、それはすべてトレーニングを続けて頑張っている努力の賜物。自分の体に鞭を打ち、鍛え続けることで周りが思わず憧れてしまうようなモデルへと成長できるのです。

活躍する現役モデルのように美しいスタイルを維持したいのであれば、まず自分の体についてきちんと理解する必要があります。そして、自分の体に合った正しいトレーニング方法を知り、習慣として継続させていくことが大切です。

一般の方であれば、現役モデルたちのトレーニング方法を真似るのもアリです。しかし、モデルとして活躍したいと思う方は、最善のトレーニング方法を知るためにもパーソナルトレーナーなどプロの手を借りることを視野に入れておきましょう。

TOP BACK TO TOP