Official
scroll

プロモデルになるには?向いている人の特徴やプロモデルになるための方法を解説

プロモデルになるには?向いている人の特徴やプロモデルになるための方法を解説

いろんなブランドの服が着られるモデルの仕事。服に合わせて表情やポーズを変えながら表現をするプロモデルは、服の魅力を伝えるために欠かせない存在です。

そんなプロモデルの活躍の場は様々。

「あの雑誌の表紙を飾りたい」
「有名ブランドの服を着てショーに出たい」

このように、プロモデルとして活躍したいと願う方も多いでしょう。そこで今回は、プロモデルを目指す方の道標として、向いている人の特徴やプロモデルになるための方法などを紹介します。

プロモデルと読者モデルの違い

プロモデルになるには?向いている人の特徴やプロモデルになるための方法を解説

モデルを志す上で、まず知っておくべきがプロモデルと読者モデルの違い。どちらも同じモデルですが、具体的にどう違うのかと問われて答えられない方も多いでしょう。

実は、この2つには大きな違いがあります。仕事の幅も違うので、しっかり違いを理解しておいてください。

プロモデルとは?

プロモデルは、特定の雑誌と専属契約を結び、モデル業で生計を立てているモデルのことです。モデルを本業にしているため、基本的にプロモデルはみな事務所に所属しています。

給料の仕組みは事務所やモデルの人気度などによって違うため一概には言えませんが、人気モデルになると年収1000万円を超えることも珍しくありません。

読者モデルとは?

読者モデルは、読者の中から選ばれる素人モデルのことを言います。プロモデルのように誌面に登場するため、雑誌を見る側からすると明確な区別が難しいですよね。

ただ、読者モデルはモデルの収入だけで生計を立てているわけではないため、OLや学生などの肩書きを持ちながらモデル業もこなしているという方が多いです。

読者モデルでタレント性がある方の中には、テレビ出演や本の出版など多方面で活躍している方もいますよ。

モデルが本業ではない読者モデルは、待遇面もプロと違います。撮影現場への交通費や衣装代などを自分でまかなわなければならないことがほとんどで、給料もかなり安いです。そのため、副業として読者モデルをしている方もたくさんいます。

 

プロモデルに向いている人の特徴3つ

プロモデルになるには?向いている人の特徴やプロモデルになるための方法を解説

モデル業界には、スタイルが良くて可愛い女性は山ほどいます。一般人の中ですら、モデル顔負けのスタイルを持つ方もいるでしょう。そのため、プロモデルとして食っていくためにはある程度適性がなければ難しいです。

では、どんな方がプロモデルとして花を咲かせられるのでしょうか。ここからは、プロモデルの素質を持つ方の特徴を3つ紹介します。

内面を磨く努力ができる人

モデルは、内面がそのまま外に出ます。そのため、堂々とカッコよく服を着こなせるよう自信をつけたり、周りの人の良い部分を吸収して自身を成長させる糧にしたりなど内面を磨く努力が必要です。

自信がない方は、ウォーキングにどこか弱々しさがあったり、自分の長所を見つけられない方は、その迷いからミスマッチなメイクをしてしまったりします。それでは、どんなに外見が綺麗なモデルでも、服が魅力的に見えませんよね。

内面の美しさは、モデルとしての魅力そのもの。スタイル維持などプロモデルにとって当たり前の努力で満足せず、日々内面を磨く努力ができる方こそプロモデルに相応しいと言えます。

自分で課題を見つけて解決する能力がある人

自分を客観視できる方は、自身の課題にきちんと気づけます。

「挑戦するファッションの幅が狭いから、いろんな着こなしを勉強しなければ」
「自分の骨格に合ったメイクをするためにも、ヘアメイクアップアーティストにアドバイスをもらおう」

このように課題を見つけ出し、自分で解決させようと行動できる方はどんどん魅力的に成長します。そのため、プロモデルとして開花するための必須ポイントと言えるでしょう。

周りから言われたことをこなすだけのモデルは成長が遅く、ライバルたちにどんどん先を越されます。そうならないよう、自分からどんどん課題を見つけていくスキルを身につけたいですね。

目指すレベルに合わせた勉強ができる人

どんなモデルになりたいか、その理想像は人それぞれです。そのため、自分の目標が明確で、それに向かって努力ができる方はプロモデルに向いていると言えます。

モデルと一言に言っても、活躍の場は様々です。

「ブランドのイメージモデルになりたい」
「雑誌の表紙を飾りたい」
「パリコレに出たい」

すべて”モデル”という仕事に括られますが、実現させるための難易度も違えば収入も違います。ただ綺麗にウォーキングをしたり、流行のファッションを勉強するだけでどんなジャンルのモデル業もできるわけではないのです。

例えば、ブランドのイメージモデルになりたいのであれば、そのブランドについて徹底的に学んでください。パリコレに行きたいのであれば、世界レベルのモデルを研究しましょう。

このように、目標に合ったレベルで日々勉強をしていくことが、理想とするモデルに近づくために大切です。

プロモデルになるための道のり

プロモデルになるには?向いている人の特徴やプロモデルになるための方法を解説

「プロモデルとして食っていきたい!」

そんな熱い情熱を持ちつつも、具体的にどうすれば良いか分からず足踏みしている方も多いはず。そこで、ここからはプロモデルへの道のりを解説していきます。

まず何からすれば良いのだろうと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

モデル事務所に所属しよう

プロモデルを目指すのであれば、まずやるべきが事務所への所属です。スカウトでモデルになる方や、読者モデルとして人気になりそのままプロへと転身する方もいますが、それを実現できるのはほんの一握り。「プロモデルになりたい!」と明確な夢があるのであれば、自分から事務所を探しましょう。

応募は、モデル事務所の公式サイトなどからできます。ただ、モデル事務所はたくさんあるのでどこを選んだら良いか悩みますよね。そんな時は、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 応募条件:年齢や性別、身長など
  • 必要経費:どこまで自己負担すべきか
  • レッスン:内容、費用、頻度など

上記の内容は、事務所によって異なります。そのため、自分の希望を改めて見直し、最適な事務所探しをしてみましょう。

オーディションを受けて仕事を獲得しよう

プロモデルとして仕事を受けるためには、自分を企業に売り込んでいくことが大切。そのサポートをしてくれるのがモデル事務所ですが、決して仕事を取ってきてくれるわけではありません。

そのため、企業の方からオファーをするほどの人気モデルでない限り、オーディションを受けながら仕事を獲得していくのが一般的です。

オーディションの種類や仕組みなどは、下記の記事で詳しく解説されています。所属事務所が決まったという方は、こちらを参考にしてください。

モデル事務所だから言えるモデルオーディションに合格するための方法

まとめ

華々しく見えるモデル業界ですが、実際は仕事を獲得するために営業をしたり、たくさんのオーディションを受けたりと見えない部分でたくさんの苦労があります。そのため、プロモデルの仕事に理想と現実のギャップを感じてしまう方もいるでしょう。

しかし、努力をすることで華々しい世界で輝き続けられるのも事実。自分の中の原石を磨いていけば、きっとたくさんのフラッシュを浴びられるプロモデルとなれるでしょう。

TOP BACK TO TOP