誰でもモデルに!

Twitter Facebook
モデルレッスン
24550

【超大事】モデルのポージングでオーディション合格を勝ち取る!

【超大事】モデルのポージングでオーディション合格を勝ち取る!

モデルの仕事がスタートしたはいいもの、写真を撮られる時にどんなポーズが良いのか悩まれているのではないでしょうか?それもそのはず、普段撮られる写真とモデルの仕事で撮る写真は全く異なります。そして、クライアントからの要求はあなたがモデルとして表現しなくてはなりません。

 

考えるだけで頭に不安がよぎるでしょう。ですが、心配はいりません。誰でも、その道を通るものです。なので、モデル初心者であれば、初心者がはじめた方が良いポージングの練習方法があるわけです。

 

今回この記事では、ポージングのやり方のみならず、ポージングの意識する点や練習方法までご説明してきます。それでは、早速本題へ入りましょう。

 

モデルのポージングについて

【超大事】モデルのポージングでオーディション合格を勝ち取る!

モデルのポージングは人それぞれ異なりますので、あなたに適したポージングを行うことが一番ベストです。ただ、モデルとして走り出した頃は、ポージングをすることは難しいと思います。

 

また、ポージングと言っても、クライアント(依頼主)の意向によって異なるポージングを求められることもあるので慣れが必要になります。そして、ファッションモデルとしてのポージングとポートレートでのポージングも全く異なります。

 

ファッションモデルでは、主役はモデルではなく、モデルが着用している洋服になります。加えて、ファッションショーになると基本的に音楽が流れていますので、音楽に合わせたポージング等も求められますので難易度が高まります。

 

ポートレートでは、主役になるケースが比較的に多いです(*状況によって異なります)。ですので、あなたが目指しているモデルのポージングを学ぶことが必要になってきます。ただ、ポージングにも基本がありますので、まず基礎を学びましょう。

 

ですが、人間はどうしても欲張りな生き物なので、地道に基礎を学ぶよりもどんどん難しいことをやりたがってしまいます。ですが、基礎がもっとも重要でポージングの土台を構築していきますのでしっかりと学び、習得していきましょう。変な癖をつけないように注意が必要です。

 

モデルスクールって行った方がいいの⁈オーディションに合格したい人必見』や『モデルレッスンを一度は受けるべき?その本当の理由とは⁈』も合わせてご覧ください。

 

【初心者向け】モデルのポージングがうまくなるためには

【超大事】モデルのポージングでオーディション合格を勝ち取る!

世の中には、様々なモデルがいますが、同様に様々な依頼や要望をクライアントから要求されます。

なので、ある意味、臨機応変に「自分のスタイルを変えることができること」そしてクライアントからのリクエストにあった「表情、立ち振る舞い、ポージング」ができるかがモデルとして生きていけるかの分けれ道になると考えられます。

街中でモデルのスカウトをされる方法は『【モデル事務所直伝!】街中でモデルのスカウトをされるために必要なコト』に記載してあります。

 

まず、モデルを始めたばかりの方がモデルのポージングが上手くなるために、まず行っていただきたいのが以下のことです。

 

  • モデルとしての自分の特徴をつかむ
  • 好きなモデルを選ぶ
  • 好きなモデルの真似をする

モデルとして自分の特徴をつかむ

まず、モデルとして活動し始めたら、自分の特徴をしっかりと理解していきましょう。

 

もちろん、最初のころは自分の特徴なんて簡単にわかるものではありません。ただ、重要なことは「考えてみること、探してみること」です。

 

自分の特徴がわかってくると自分はどんなモデルの仕事が合っているかわかってきます。そして、あなたに適した仕事がわかるとそれに合ったトレーニング(ポージングも含む)を行えば良いので非常に効率的で、結果も残しやすくなります。

 

では、どのようにして特徴を掴んでいけば良いかというと、「自己分析」を行うことです。いわゆる自分を客観的に見て、細かく分析していくわけです。

 

【自分の特徴】

  • 身体が引き締まっている
  • 笑顔をどんな場面でも作ることができる
  • 脚に変な癖が付いていなく、まっすぐ
  • 若者にモテるより、どちらか年齢層が高い方に受ける
  • 身長が低い
  • モデルのレッスンすら受けたことがない

などなど。。。。

 

例)

自分は、モデルとして活動し始めたきっかけは、原宿のGAP前でスカウトされたからだ。

 

後々、自分のどこが良いかとスカウトマンに聞いたら、身長は高くはないけども身体のバランスと、ちょっとハーフっぽい顔をしているとこが目に止まったらしい。

 

もともとスポーツをやっていたので比較的に身体が引き締まっており、またO脚やX脚ではなく、脚がまっすぐなのが特徴だ。

 

また、交際する相手や、知人では年齢の高いの方が多く、どちらかというと年齢層が高い方に受けが良いと感じている。また、自分が思う欠点としては、ファッションモデルのように高身長でもない。なので、スタイルをよく見せるテクニックや知識が絶対的に必要であると思っている。

 

こんな感じで分析していきましょう。

 

 

好きなモデルを選ぶ

ここまで自分の分析ができたら、あなたの特徴に合ったモデルさんを探していきましょう。

 

今はネット環境もかなり優れておりますので、「モデル一覧」とかで調べれば多くのモデルさんを見つけることができるはずです。

 

また、もちろん自分が好きなモデルを選ぶということもOKです。理想としては、「①自分の同じ特徴を持つモデルさん」と「②あなたが好きなモデルさん」の2パターンでリストをしていきましょう!

 

①は、あなたのモデルとしてのスキルを効率的にアップさせるためで、②は、あなたのモチベーションや理想に向かって頑張るための物と考えましょう。 

 

 

好きなモデルの真似をする

あなたの対象とするモデルさんが決まったら、まずそのモデルさんの真似をすることです。無作為にモデルをピックアップをしてポージングを真似をしてみるのでも良いですが、自分と似た特徴を持つモデルのが方がオススメです。

 

その理由は、あなたの特徴に似ているわけなので、ポージングした際の雰囲気も瓜二つとはいきませんが、かなり似てくるはずです。また、あなたに適した形で、あなたの魅力を表現するためのポージングを知ることができます。完全コピーできるようにしていきましょう。

 

モデルとしての給料を上げるには自己分析が重要⁈」をご覧ください。

 

 

モデルのポージングがうまくできない人の特徴

【超大事】モデルのポージングでオーディション合格を勝ち取る!

ポージングは慣れが必要なので、できるようになるためには絶対に練習が必要になりますが、練習をしていてもぎこちないポージングになってしまったり、なかなか上手くできない方がいらっしゃいます。ここからは、モデルのポージングが上手くできない方の特徴を記載していきます。

 

 

無駄な動きが多い

モデルのポージングはシンプルな動きをした方が良いです。特にポーズとポーズの間で無駄な動きをしてしまい、違和感を感じさせてしまいます。

 

なので、できる限り無駄な動きを削減できるように意識しましょう。ただ、自分だと無駄な動きをしていないつもりでも、無駄な動きをしている可能性があるのでスタッフの方に聞いてみるか、自分で動画を撮り確認してみましょう。

 

 

メリハリをつける

無駄な動きの部分と重複してしまうかもしれませんが、動きと動きの間ではメリハリをつけていきましょう。特に、ポージングの時は頭を動かないように固定しておきましょう。

 

スタジオ等で撮影されている時は光の加減をしっかりと設定されています。頭が動いてしまったり、指定のポジションにいないと綺麗な写り方にならない場合があります。

 

また、ポージングを変えるたびにその場からどんどん移動してしまうことがありますので、指定された立ち位置のところに留まるように意識が必要です。

 

 

力んでしまう

モデルとして走り出した方に多いです。どうしても、写真を撮られることは自分で撮っている時とは異なり緊張するものです。また、独特な雰囲気に呑まれてしまうことがあります。

 

ですが、そんな時ほど深呼吸をしてリラックスをしましょう。自然でリラックスした状態が良いポージングや写真が撮れるはずです。

 

合わせて『【ここだけ!】モデルの仕事をやる前に知っておくべき11のコト』や『初心者必見!絶対に知っておくべきモデルオーディションまでの流れ』をお読みください。

 

 

誰でも簡単にできるポージングの練習方法

【超大事】モデルのポージングでオーディション合格を勝ち取る!

ここからは、誰でもできるポージングの練習方法をご紹介していきます。ポージングは現場でいきなりできるものではありません。

 

当たり前のことながら、家で何度も練習を行い、実践でできるようになります。そして、そのポージングによって魅力を伝えないといけません。なかなか、難しそうですね。ですが、ご安心ください。しっかりと行えば、誰でもできるようになりますので早速その方法を見て行きましょう。

 

 

3つのポージングをできるようにする

まずは、先ほど選定して頂いたあなたの特徴に似ている自分のロールモデルの写真から3つのポージングをリストアップしましょう。

 

練習なので何のポージング写真でも構いません。ここで行うことは、そのロールモデル写真を見たまま同じようにポージングをするだけです。完全コピーしてくださいね。また、できる限り、自分の姿が見えるように鏡の前で行うことをオススメします。

 

ポージングを行う際のチェックポイントは以下になります。上から順番にチェックしていきましょう。頭の方からスタートしてしまうと、最後の足元の修正をした時にブレてしまうので、足元からスタートしましょう。

 

【チェックリスト】

  • 足/足元の角度
  • 腰の方向
  • 腹部のひねり具合
  • 手の位置・角度(指先も含む)
  • 顔の向きや角度
  • 表情
  • オーラ(雰囲気)

以上のポイントを確認しておきましょう。まずは、ロールモデルを完全に真似できるように8つのチェックポイントを見ておくと比較に美しくポージングのコピーができるようになるでしょう。

 

この要領で3つのポージングが完璧にできるように練習していきます。自分の中で、できるようになったと思いましたら、自分のポージングを写真で撮ってみましょう!

 

できていない場合は、どこができていないかロールモデルの写真と比較ができますので良い参考となるでしょう。

 

 

イメージを持ちながらポージングの練習をする

【超大事】モデルのポージングでオーディション合格を勝ち取る!

ポージングの練習する時は、上記でご説明した通りの練習をしますが、その中で意識して頂きたい点が1点あります。それは「イメージ」を持ちながらポージングを行うこと。ポージングがうまくできてくると何となくやってしまうことがあります。

 

ただ、それだとただ練習のポージングになってしまい、実践で使えません。それを防ぐために、頭の中であなたの理想のポージングをイメージをしながら練習をしていきます。

 

「イメージしてください。」あなたの周りには100人のカメラマンがいて、その他に観客が1000人もいます。そんな中であるカメラマンから「〇〇さんの一番魅力的なポージングを3つお願いします!!」と言われたとしましょう。

 

そして、シャッター音が鳴り始め、観客からも拍手が起こりました。このシチュエーションは大袈裟だとしても、ちょっと手に汗を握りませんでした?

 

ただ、毎日、このようにイメージをしながら練習を行っていれば、実践で同様の場面があっても練習通りのポージングができるはず。これは、俗に言う「イメージトレーニング」です。本当にオススメなのであなたのポージングをより魅力的に表現できるようにぜひやってみてください。

 

この記事を読んでいる人は『モデル初心者は絶対に知っておくべき?モデルの撮影あるある集!』こちらも読んでいます。

 

 

ポージングの際に役立つテクニック

練習方法も学んできましたので、ここから今すぐ使えるテクニックをご紹介していきます。すぐに実践できるので、ぜひ、練習の時から試して頂き質を上げていってくださいね。

 

  • 表情

これまで、ポージングをうまく作る方法を説明しましたが、一番重要なのは何と言ってもあなたの表情です。表情はあなたの全てを映します。

 

なので、不安があれば、不安あるように映り、自信があれば、自信があるように映ります。なので、練習の時に限らず常に自分の表情に意識を置いてみてください。

 

  • 正しい姿勢で立つ

猫背のモデルっていないですよ?そしてかっこ悪い・・・まずは、正しい姿勢を学ぶということも非常に大切です。意識するポイントとしては

1胸を張る(胸を前に突き出し、背筋が窮屈になるイメージ)

2お腹を引っ込める(胸を張ったまま、お腹を引っ込めましょう)

3肩の力を抜く(多分、肩に力入っているはずなのでリラックスしましょう)

4顎を引く(顎の引きすぎると二重アゴが出やすいので注意です)

この4つができれば綺麗な姿勢が作れるはずです。ぜひ、意識してみてください。

 

  • 少し身体の部位を動かして変化をつける

モデル初心者の方は、なかなかポージングをすぐ身につけることが難しい。

 

なので、まずは身体の向きをちょっとずらしたり、足をクロスさせたり、腕を交差させたりと、少しずつどこかの部位を動かすところから始めましょう。ちょっとした変化をつけるだけでも印象はかなり変わります。

 

  • 座った状態で撮影する。

初心者の方にオススメなので、座った状態でポージングをすることです。どうしても立った状態だと力みやすくなりますが、座った状態だとリラックスしやすくなります。

 

また足の位置を変化させるだけで印象を変えることができるので非常に簡単です。例えば、体育座りをして膝を抱えるようなポーズにすると可愛らしくて、子供っぽさを表現できます。また、足を伸ばすと大人っぽい印象を与えることができます。

 

ですので、もしポージングに自信がなかったり、ポージングのネタ切れをしてしまったら、座った状態での撮影をしてもらいましょう。

 

  • 遠近法を学ぶ

女性なら誰でも思うのが、「顔を小さく見せたい」ではないでしょうか?顔を小さく見せるためには遠近法を学ぶことが一番です

 

例えば、立っている2人がいて「アゴが前に出ている人」と、「顎を引いている方」を比較した場合、顎が前に出てしまっている人の方が、顔が大きく写りやすくなります。

 

これは、顔の大きさが変化したのではなく遠近法によるものです。なので、ポージングの際にメリハリがつくように遠近法を取り入れながらポーズしていくとあなたの理想に近づくかもしれません。

 

この記事を読んでいる方は「あなたもできる!モデルのようなスタイルを維持する方法」も一緒に読んでいます。

 

 

まとめ

【超大事】モデルのポージングでオーディション合格を勝ち取る!

モデルのポージングのやり方や練習方法をご説明してきましたが、ある程度は理解できましたでしょうか?自分の頭で理解していること、実際にできることは全く違います。

 

まずは、この記事に記載したことをすぐ実践してみてくださいね。また、実際ポージングの練習をやっていく中で迷ってきたりすることがあると思いますが。その際は、この記事を初めから再度読んでいただけたら幸いです。それでは、素晴らしいポージングができるように練習を頑張ってくださいね。

 

合わせてモデルオーディションに合格するためのノウハウもご覧ください。

モデル事務所だから言えるモデルオーディションに合格するための方法

 

 

関連記事

新着記事

上に戻る