Official

売れるファッションモデルになるために意識すべきオフスタイル

売れるファッションモデルになるために意識すべきオフスタイル

洋服や装飾品などを売るために雑誌の被写体となるモデル。スタイリストがコーデを決めてくれることもありますが、場合によっては自分で何を着るか選ばなければならないこともあります。つまり、ファッションを仕事にする以上モデル自身もセンスを磨くことが大切。そこで今回は、売れるファッションモデルになるため、普段からどんなファッションを意識すれば良いのかを解説します。

売れるファッションモデルはオフスタイルも注目の的

常にファッションと密接な関係にあるモデルは、カメラの前に立っていない時もおしゃれなファッションを求められます。それは、モデルが被写体という枠を超えてしまっている証拠。1人の人間としての魅力が出ているからこそ、オフスタイルも注目されるのです。

例えば、最近はモデル業以外にタレントや役者として活躍している方も多いですよね。これは、「服を魅力的に見せるモデル」としてだけでなく、モデル自身も売りとなっているということ。つまり、1人の人間として売れなければならないので、プライベートだからと気を抜かずオフスタイルも意識してコーデをすることが大切なのです。

コーデを決める際に意識すべきポイント

売れるファッションモデルになるために意識すべきオフスタイル

「オフくらい好きな服装で過ごしたい」

そんな声が聞こえてきそうですが、モデルである以上はある程度周りの目を意識することも必要です。では、具体的にどんなコーデを意識すれば良いのでしょうか。

1~2ヶ月先のコーデを心がける

例えば、まだ寒いのに洋服屋で春物アイテムが販売されたり、GWなのに夏物アイテムを紹介する雑誌が発刊されたりしますよね。このように、ファッション業界は宣伝をするために常に季節を先取りするのが一般的。これにオフで対応できるのも、モデルならではと言っても過言ではありません。

一般人にとって、モデルはファッションコーデのお手本。周りの人が真似したくなるような着こなしを求められるため、少し先の季節感でファッションを考えましょう。

親近感を持ってもらえるよう意識する

様々な着こなしができるモデルですが、ランウェイを歩くような個性的な服では普段使いしづらい上に、誰でも真似できるわけではありません。そのため、オフでは人に親近感を持ってもらえるようなファッションを意識しましょう。

「あの人のファッション素敵」

「どこのお店のだろう?」

そうして周りが興味を持ってくれることでアイテムの宣伝になり、モデルとしての注目度も高まるはずです。

ブランドで固めたファッションはNG!

人気ブランドの中には、名前だけで力を持つものもたくさん。それらをカッコよく着こなすモデルを見ると、「素敵だな」と思う方も多いでしょう。しかし、ブランド品は1つ1つのアイテムが高価な場合が多いため、全身をブランドで固めると嫌味な印象を与えてしまう可能性も・・・。

特に、自分でコーデするのが苦手な方は、安定感のある人気ブランドに着地してしまう傾向があります。自身のセンスを磨くためにも、ブランド力に頼らず工夫でおしゃれなファッションコーデができるようにしましょう。

まとめ

最近は、SNSを使ってオフスタイルを発信しているモデルもたくさんいます。雑誌ではないけれど、その写真がファッションアイテムの広告の一部になっているのです。それを考えると、いかにオフスタイルが重要なのかも分かりますね。家の中ではジャージや部屋着でも良いですが、人目があるところでは、常に自分がモデルであることを意識してファッションコーデを行いましょう。それが習慣化すれば、きっとあなた自身の魅力も伝わって売れるモデルへと近づくはずです。

TOP BACK TO TOP