Official
scroll

【モデル初心者必見】モデルの条件ってこんなキツイの?

【モデル初心者必見】モデルの条件ってこんなキツイの?

「モデルになりたい!」と思ったのはいいもの、「実際どうやってモデルになればいいの?」や「モデルになるための条件ってないの?」ってなります。これから詳しくご説明していきますが、モデルとして活動するには厳しい条件を突きつけられることがあります。

 

時には、オーディションすら受ける権利が与えられず、諦めなければならないこともあるかもしれません。モデルの仕事にはそういった厳しい条件があります。ですが、あなたでもできるモデルの仕事もたくさんあるのが現状です。それでは、早速モデルの条件について見ていきましょう。

モデルになるための一般的な条件

【モデル初心者必見】モデルの条件ってこんなキツイの?

モデルを目指して一番最初に突きつけられるのが「モデルになるための条件」です。モデルとして活動するためには、モデルのオーディションに合格しないといけません。その時に、クライアント(企業)から提示されるのがモデルの応募条件です。これがなかなか厳しいです。

 

勉強をすればなんとかなるテストであれば、どうにかスコアを満たせるように頑張ればパスをすることができますが、モデルの応募条件はそう簡単にはいきません。なぜなら、条件となっているのは基本的にあなたの身体(スタイル)だからです。

 

どんなに頑張っても顔を変えることができませんし、スタイルも劇的に変えることは難しいです。加えて、脚の長さを伸ばすなんて不可能です。参考程度ですが、

 

以下がモデルの条件としてよく提示される項目です。

 

身長

体型

スキル

キャラクター

 

  • 身長

身長は、モデルとしては必須になります。特に、ファッションモデルとかになれば、身長は170cm以上ないと厳しいと言われています。こればかりは天性の問題がありますので、もし身長を満たしていない方であれば諦めましょう。

 

また、企画によって異なりますが、ファッション雑誌などのモデルは164cmくらいの身長が必要と言われています。何れにしても、高身長なのでかなり厳しい条件となっています。

 

  • 顔立ち

モデルであれば、顔立ちも重要となっていきます。もちろん、可愛かったり、美人の方が有利なのは間違いありませんが、はっきりした顔立ちですとインパクトがありますので好まれる傾向にあります。

 

基本的に、モデルはクライアント(企業)の広告塔になる役割がありますので、ユーザーが一瞬見ただけで「ハッと」するようなインパクトを与えられる方が良いです。

 

  • 体型

スタイルの話になりますが、手と足が長くてバランスの取れている体型が必要です。生まれつき手と脚の長さは決まっていますから、大人になってから変わるということはほぼないでしょう。

 

ですので、もし手と脚があまり長くないと思うのであれば、この点を諦めてしまう方が手っ取り早いでしょう。後ほど、ご説明しますが別のところを強みにして、あなたが勝てる分野のモデルでモデルをやれば良いです。

 

モデル=脚が長いという印象があると思いますが、モデルとして活躍するためには脚の長さはとても重要です。ファッションモデルに関して言えば、服の着こなしもとても大事です。

 

また、脚が長い人と短い人では服を着ている時の印象が全く異なります。ですので、モデルとして活動するのであれば、脚の長さは絶対条件です。加えて、脚が綺麗であることも大事です。O脚やX脚などの癖がついてしまっていたりするとオーディションではじかれてしまう恐れがあります。ただ、骨盤矯正やトレーニングを行っていけば十分に改善が可能です。

 

  • スキル

スキルと言うと非常に抽象的ですが、モデルは身体・体型的な部分も大事ですが、オーラ、雰囲気や表現力なども大切になっています。実際にモデルのファッションショーなどを見ていただければイメージがつきやすいと思います。ファッションモデルは、クライアントのコンセプトとした衣装を身につけて、そのコンセプトがより伝えるように表現していくのが仕事です。

 

なので、モデルはクライアントが意図していることを汲み取り、クライアントの代わりに表現してあげること大切です。これらのスキルは簡単に身につくものではなく、レッスンなどの厳しい練習を重ねて身につけるものです。トップに行けば、行くほど求められます。

 

  • キャラクター

天性的な部分は、もちろん大事ですがモデルとしてのキャラクターも大事です。正直な話を行ってしまえば、同じモデルはいりません。ですので、自分のキャラクターを確立させていくことが大事です。

 

クライアントにあなたのキャラクター(イメージ)を焼き付けてしまえば、あなた=〇〇という形になりますのでクライアントからすると仕事を頼みやすくなります。沢尻エリカさんはとてもわかりやすいキャラクターをしてますよね?

 

沢尻エリカさん=嬢王様と言うイメージがあるのではないでしょうか?こういったキャラクター(イメージ)を作っていくことがモデルとして必要になっていきます。

 

モデルになるためにはこれだけは押さえておくべき条件

【モデル初心者必見】モデルの条件ってこんなキツイの?

厳しいモデルの条件をお話ししてきましたが、ここからは先ほどの条件を除いて押さえておいたほうが良い条件をご紹介します。

 

身長

体型

スキル

こちらは先ほどの厳しい条件になります。

 

先ほどの項目の中の1つが抜けている事を気づかれたかもしれません。キャラクターです。元々のポテンシャルは変える事ができなくても、キャラクターは自分次第でいくらでも変える事ができます。ただ、いきなり「キャラクターを作れ」と言ってもなかなか難しいと思います。ですので、自分のイメージしたキャラを作れるようにまずやっておくべき事をご紹介します。

 

 

強みを探しておく

よく聞かれる事かもしれませんが、強みを理解しておく事は重要です。何度もお伝えしますが、同じタイプのモデルは代替が可能になってしまいますので市場価値が下がってしまいます。

 

という事は、あなたにしかできない事や表現力や雰囲気を持っていれば、市場価値は高まります。

 

では、どのようにして強みを探していくのか?イメージはこんな感じです。

 

1.強みを探す。

2.好きなことを探す。

3.1と2を掛け算して差別化できる強みを探す。

強みと言っても非常に漠然としています。

 

客観的に見て、周りよりも自分が優れていると思う点をまず考えていき、そしてそれをリストしていきましょう。

 

また、それと同時に自分が好きな事(*誰になんて言われてもすごい好きな事)も挙げていきましょう。

 

あとは、今挙げた2つを掛け算するだけです。

 

強み〇〇×好きな事〇〇= 〇〇〇??

例) 目力がある(強み)×化粧品が大好き・詳しい=パーツモデル

 

「身長などとかは足りないが、目力があり、加えて海外の化粧品にも詳しいので、目のパーツモデルをやれば、海外製の商品の良さを表現できる」

 

こんなイメージです。

 

すぐにあなたの「強み」と「好きな事」を掛け算した事を見つける事は難しいでしょう。ですが、こちらはあなたがモデルとして生きていくために軸としていく部分になります。

 

軸がしっかりとしていれば、クライアントが提示している条件とマッチする回数が増えるでしょう。ただ、軸が定まっていないと「何を強み・特徴としているモデルかわからない」という烙印をつけられてしまう可能性は高いです。

 

オーディションなどでも強みがあり、あなたのできることを提示できるモデルはクライアントからしても採用しやすいです。また、「このモデルを使ったこんな感じになるだろうな」とイメージをつけやすくなります。

 

 

モデルの条件を知っておく前に知っておくべきこと

【モデル初心者必見】モデルの条件ってこんなキツイの?

モデルの条件を知ることはもちろん大切なことですが、モデルとして活動していくためにまず知っててほしいことがあります。

 

知っているかもしれませんが、モデルの世界は本当に厳しいです。強いものは勝ち、弱いものは負けるといった弱肉強食の市場です。オーディションに受かってからモデルの仕事はスタートです。

 

なので、モデルとして活動するにはオーディションに受かり続けなければなりません。継続的に契約を取り続けることはとても難しいということは覚えておきましょう。また、モデルの世界を生きていくには以下の3点を頭に入れておきましょう。

 

  • 精神的に辛い
  • ライバルとの戦い
  • 仕事には波がある

精神的に辛い

モデルとして活動を始めた時はなかなかオーディションに受からない時期もくるかと思います。その時は精神的にかなりきついです。

 

中には、自己嫌悪になってしまう方も多いです。また、モデルは身体が資本になりますから、食事制限やダイエットをしなければならないこともあるかと思います。

 

ファッションモデルやファッション雑誌のモデルとなれば、定められた服を着用した上での撮影となりますので、体型を維持しなければなりません。また、クライアントから身体の引き締めを要求されることもあるでしょう。

 

オーディションやクライアントからのプレッシャーなど多方面からの重圧がかかると予想できますので、それらに耐えることができる強い精神力が必要です。もちろん、モデルとしての条件を満たすことも必要ですが、強いメンタルを持つことも非常に重要です。

 

 

ライバルとの戦い

あなたが、上を目指せば目指すほど強敵なライバルが多く存在します。重複しますが、モデルの世界は強いものが勝ちます。

 

なので、常にライバルより勝るように頑張ることが必要です。ですので、あなたはモデルとして

 

どんな価値があるのか?

どんな良さがあるのか?

などを常に追求していかなければなりません。

 

時には、あなたの頑張りに嫉妬をして邪魔をしてくるライバルもいるかもしれません。

 

実際、ファッションショーなどで衣装を隠されるという陰湿なイジメをされたという有名なモデルさんがいるのも事実です。

 

 

仕事には波がある

どんな事にも当てはまりますが仕事には良い時も悪い時もあります。健全にモデルとして活躍するために、モデルの仕事には波があることを把握しておきましょう。

 

うまくいかない時、すぐに落ち込んでしまう性格だとモデルとして活動することは難しいでしょう。ある意味、仕事がなくても楽観的に捉えることができる心の余裕が必要です。

 

どんな状況下に置かれたとしても、努力を続けていれば、結果は自ずとついていきます。ですので、うまくいかない時こそリラックスすることが大切です。仕事の調子がよくない時ほど気持ちを強く持っていきましょう。

 

 

自己分析を行い、モデルの条件なんかに負けるな

【モデル初心者必見】モデルの条件ってこんなキツイの?

設定されているモデルの条件にはどうあがいても逆らえません。そして、時には諦めなければならない時もくるでしょう。ですが、そんな時に目を背ける必要はありません。あなたには、あなたなりに活躍できるモデルの市場が必ずあります。

 

そのためには、モデルとしての自己分析をしておくことが重要です。先ほどもさらっとご説明しましたが、強みが明確になっているモデルは非常に有利です。ですが、簡単に自分の強みや特徴といったものを知ることは簡単ではありません。むしろ、多くの方は自分自身のことでさえ、理解できていないことが多いです。

 

なので、自分のことをしっかりと理解しておくことで周りのモデルとの違いやあなたの強みを客観的に説明できるようになりますし、表現できるようになります。加えて、強みや弱みも自己分析によって明確になるわけですからレッスンやトレーニングも受けやすくなります。

 

まずは、以下の質問を明確に答えられるようにしておきましょう。

 

  • あなたのモデルとしての強み・弱み
  • あなたの自信のあることは何か?
  • あなたの特技
  • モデルとして将来どうなっていきたいか
  • あなたは、どんなキャラクターですか?

上記の質問が明確になっているとある程度、自分の軸もしっかりとしていきます。

 

まとめ

【モデル初心者必見】モデルの条件ってこんなキツイの?

モデルになるための条件はなかなか厳しいものです。オーディションによってその条件は異なりますが、天性的な部分が多いのが現実です。ですので、時には諦めなければならない時もあるでしょう。ですが、落ち込む必要はありません。モデルのお仕事は様々ですので、あなたの条件に合うところで活躍すれば良いのです。勝てる場所で勝つ。これはモデルとして活躍する条件となるでしょう。

 

ただ、そのためにはモデルとしての自分をまず、理解することが重要です。自分の特徴がわからずに活動をしても多くのモデルと同じように埋もれてしまうだけです。そして、オーディションも受からないでしょう。なので、まずは自己分析をしっかりとしていきましょうね。みなさんの活躍を期待しています。

 

合わせてモデルオーディションに合格するためのノウハウもご覧ください。

モデル事務所だから言えるモデルオーディションに合格するための方法

 

TOP BACK TO TOP