Official

初めてのエキストラ挑戦!まずは応募から!

初めてのエキストラ挑戦!まずは応募から!

映画やドラマのエキストラ。興味はあるけれど、どうやってエキストラになるのかはあまり知られていません。

今回は初めてのエキストラ挑戦、最初のステップ「応募」について解説します。

エキストラとは?

初めてのエキストラ挑戦!まずは応募から!

エキストラとはどのような仕事なのでしょうか?エキストラと俳優、女優の違い、エキストラの役割についてまとめました。

エキストラと俳優、女優の違い

エキストラとは、映画やドラマなどの映像において、主役、脇役、端役以外の出演者を総称して「エキストラ」と呼んでいます。撮影現場の出演者の中では最も格下になりますが、映画やドラマでは無くてはならない存在です。

特に映画では大作になればなるほど、エキストラの役割がとても重要な要素になってきます。

今ではCGを使って、エキストラを増やす事が出来ますが、昔の映画やドラマはCGなどではなく、本当に沢山のエキストラが出演していました。

戦争映画や、大河ドラマなどはその最たる例です。エキストラが居るからこそ、作品に迫力と厚みが出てくるのは最早説明不要でしょう。

エキストラの役割

エキストラは「背景」としての役割が主な仕事です。映画の中の主役や脇役を光らせる為に、映画の作品に合わせて演じる事が必要になります。エキストラで一番下の扱いだからというのではなく、エキストラにしかできない演技があるという事が重要視されます。

例えば、映画バイオハザードでは、バイオハザードならではのゾンビの動きをする必要があり、エキストラ全員に演技指導したという報道がありました。

これこそ、エキストラの役割を真剣に考えた監督の映画愛ではないでしょうか?

エキストラに応募!どうやって応募できる?

初めてのエキストラ挑戦!まずは応募から!

エキストラになる為には一体どうすればいいのでしょうか?ここでは一般的なエキストラの応募方法について解説していきます。

抽選を受ける

インターネットがあまり普及していなかった頃によく見られた手法です。

撮影を見学している一般人の中から、エキストラ出演者を募り、人数が定員オーバーになった時には「抽選」によってエキストラが決められる方式です。この場合だと、撮影現場に行く必要があり、また、エキストラに選ばれない可能性もあるため、エキストラ希望者からすればあまり良いエキストラの採用方法ではありません。

また、撮影現場の見学に来ているのは、基本的に出演している俳優や女優のファンでもあることから、背景としてのエキストラを選ぶことが難しいという背景もあります。

エキストラの派遣会社に登録する

近年多くなってきたのは、アルバイト感覚でエキストラの派遣会社に登録するという手法です。

エキストラ派遣は、本来の派遣会社と、映画の配給会社(東宝、ワーナー等)のエキストラ登録等いくつかの種類に分けられます。邦画の場合は、その配給会社経由で、エキストラの人数や男女、年齢等を考慮して派遣されます。

配給会社に登録しているエキストラでは人数が足りないという場合には、外部のエキストラ派遣会社に依頼する事もあるようです。

エキストラになるには

初めてのエキストラ挑戦!まずは応募から!

エキストラに応募する先は、わかりました。それではエキストラとして実際に映画やドラマに出演する為にはどんな事をすればいいのでしょうか?また、映画の最期に流れるエンドロールで、自分の名前が載ることはあるのでしょうか?

面接はある?

面接はあります。しかし、エキストラの面接はほとんどが、自分の活動出来る時間帯や、どんな服装を持っているかなど、映画のエキストラとして仕事が出来るかどうかの確認に終始します。

エキストラの面接で落ちる事はほぼありません。条件が合わなければ、撮影に呼ばれないだけです。

エキストラの仕事は不定期な事も多く、1か月先の予定等は全く分かりませんし、最悪の場合、前日や2日前に出演依頼の連絡が来るといったような働き方です。

面接の心配をするよりも、出演出来る作品があるかどうかを心配するべきでしょう。

映画のクレジットで名前が載る?

結論から言うと「載りません」。逆に載っている人を見たことがありますか?映画のクレジットには、登録している派遣会社や、○○町の皆さん、○○市の有志の皆さんと言った具合に、団体名で表記されることがほとんどです。

大ヒット作のエキストラだったとしても、その扱いは変わりません。背景のお店がエンドロールに載らないのと同じ理由です。エンドロールに名前を載せたいのであれば、俳優や女優の養成所や、タレント事務所に面接に行った方が良いでしょう。

まとめ

初めてのエキストラ挑戦!まずは応募から!

エキストラに応募する方法は沢山あります。前述した配給会社や派遣会社に登録する以外でも、フィルムコミッション等、地方自治体で対応する場合もありますので、田舎だからとエキストラ出演をあきらめるのではなく、積極的に情報を集めるべきでしょう。地元の映画ロケ地誘致の活動でエキストラ出演した場合、映画の規模によっては個別に名前が出る場合もありますよ。

TOP BACK TO TOP