Official
scroll

エキストラの服装に決まりってあるの?

エキストラの服装に決まりってあるの?

エキストラを始める人が最初に当たる壁「服装=衣装」。

映画やドラマの俳優さんや女優さんは専門のスタイリストがいますが、エキストラにはスタイリストはいません。衣装も自前の場合が多いようです。今回はエキストラの服装についてまとめました。

エキストラの服装

エキストラの服装に決まりってあるの?

エキストラとして映画やドラマに出演する際、最初に悩むのは「服装」です。ここでは私服の場合と衣装の場合のエキストラの服装についてまとめました。

私服の場合

私服でエキストラとして参加する場合、雇用主である派遣会社や配給会社から、私服のスタイルを指示されることがあります。理由は作品の時代背景や世界観世界観を壊さないようにするためです。

エキストラの仕事の役割は「背景」になること。そのため個性的な服装や派手な服装は避けましょう。

背景として演技をすることになるため、作品の世界観に調和した服装を選ぶべきです。

衣装の場合

特に現代のより前の現代、例えば昭和中期や昭和後期の作品の場合、自分たちが持っている私服では時代背景とは合わないといった事が起こります。

派遣会社で用意している衣装もありますが、数に限りがあることと、人数分用意できない場合、貸衣装の業者に依頼する事になります。その経費も製作費に関わってくるため、あまり貸し出してはもらえません。

エキストラの経験が長い人はわざわざ古着屋さんやリサイクルショップで、古いタイプの服を購入し、自分で直して衣装として使っている人もいるそうです。

ただし、時代劇などの場合は100%貸衣装になる為、その点は安心しても大丈夫です。

エキストラの仕事=持っている衣装の数?

エキストラの服装に決まりってあるの?

エキストラの仕事は基本的に流動的です。仕事が続けてある時もあれば、全く仕事がない時もあります。

継続的に仕事をもらっているエキストラの人達は、持っている衣装の数が多いという噂があります。

ここではその衣装の数について解説していきます。

面談で聞かれるエキストラの服

派遣会社にエキストラの登録をする際、簡単な面接があります。その際に聞かれるのは、持っている服装の種類。

特に特別な服装はいろいろな作品で応用ができるため重宝されます。

繰り返しますが、エキストラは作品の背景として演技を行います。エキストラをするために購入した新しい服というのは、まだその人の体に馴染んでいないため不自然に写ります。

普段から使っている私腹を衣装として使えるのは、自然な背景として作品に調和する為のエキストラの大事な仕事の一つであると言えます。

普段着用している服装で、特に需要が高いのは、特別な職業の制服です。

例えば土木作業員やナースなどは、需要が高く、多くの作品のエキストラを出来るようになるそうです。

衣装は着回ししても大丈夫?

衣装として私服を用意している人は季節ごとに合わせた衣装用の私服を持っている人が多いです。

しかしここで注意したいのが、衣装の着回し方法です。

同じような衣装を毎回着ていると、作品を見ているによっては「このエキストラは前も同じ格好をしていた」というふうに見られ作品にリアリティーがなくなってしまいます。衣装として私服を用意する事は悪い事ではありませんが、トップスを工夫したり、パンツや靴を変えて印象を変えたりすることが必要になってきます。

ベテランエキストラに聞くエキストラが持っておくべき服

エキストラの服装に決まりってあるの?

ここでは実際にエキストラを長年経験している人の意見を参考に、エキストラとして持っておくべき衣装(服)を紹介します。

喪服、フォーマルスーツ

意外に思われるかも知れませんが、喪服を始めとしたフォーマルスタイルの服装は、エキストラの需要が高い服装です。

恋愛系の作品では、結婚式がありますよね?現代劇では誰かが亡くなったりすると喪服が必要になりますよね?

そういったシチュエーションに対応できるように、喪服はエキストラ業の必須アイテムと言ってもいいかも知れません。

ビジネススーツにしても同じ事が言えます。現代劇では多くの作品の撮影場所に「オフィス街」が使われます。

その際に、オフィス街にカジュアルな古着を着たエキストラが混じっていては、作品の調和を乱すことになりませんか?

作品に合わせて、ビジネススーツに切り替えたり、ビジネスカジュアルに切り替えたり出来る方が、エキストラとしての需要も高くなります。

ジーンズ、Tシャツなどの古着

着回しで注意したいのが、古着です。古着はエキストラの服装では最もメジャーな衣装と言えます。

しかし、その古着のセンス如何では、エキストラとしての出演を断られる場合も。

その断られるセンスとは、「カラーリング」です。作品の世界と調和するべきエキストラが、派手な色のTシャツや、ダメージジーンズを履いていては、視聴者の注目はエキストラに移ってしまう可能性があります。

周りと調和する、無難な恰好こそ、エキストラに求められる服装であると言えます。

まとめ

エキストラの服装に決まりってあるの?

エキストラの服装について、簡単ではありますが紹介してきました。服装一つとっても、作品の事を考えなければならないという事を痛感したと思います。是非、この記事を参考にして、エキストラの衣装選びに役立ててくださいね。

TOP BACK TO TOP