Official

まずは行動あるのみ!モデル募集の広告はチャンス?

まずは行動あるのみ!モデル募集の広告はチャンス?

多くのメディアや媒体で活躍するモデル。モデルになる為には、スカウトや、オーディションといった方法の他に、アルバイトのように求人雑誌にモデルという仕事として募集広告が載っている事があります。

今回はそんなモデル募集の広告についてまとめました。

モデル募集しているモデルの種類とは?

まずは行動あるのみ!モデル募集の広告はチャンス?

主に、モデル募集をしているのは「専属モデル」、「読者モデル」、「ポートレートモデル」「その他のモデル」に区分されます。ここでは募集されている4種類のモデルがどんな仕事なのかを説明していきます。

専属モデル、読者モデル

専属モデルとは、雑誌やモデル事務所に専属で契約しているモデルさんです。契約がある為、ライバル誌や、他のモデル事務所の仕事が出来なくなります。事務所によっては、同じ仕事でも給料(ギャラ)に違いが出る場合も。しかし、将来を見据えた活動をしたいのであれば、きちんとした事務所でマネジメントしてもらった方がメリットは高いと言えます。

読者モデルは、そのファッション雑誌の誌上でモデルとして活躍している人達です。元々はその雑誌を読んでいる読者さんだった為、誌面作りに積極的に関わる事が出来ます。個人企画のページがある人気読モになれば、注目度も上がり、次のステップに進みやすくなるかも知れません。若い世代向けのファッション雑誌に多くみられるのが、この読者モデル募集です。

ポートレートモデル、その他のモデル

ポートレートモデルとは、カメラマンの作品として自分自身を被写体とするモデルさんを指します。プロアマに関わらず、自分の作品を一緒に作ってくれる人を募集しています。アマチュアカメラマンでも、モデルの魅力を最大限に引き出した作品を世に出すことが出来れば、プロとして認められ、被写体であるモデルさんにもスポットライトがあたることもあります。

その他のモデルは、手モデルや、ブライダルモデル、デパートモデル、絵画モデル等です。大体は企業のイメージ写真などで需要があるのがパーツモデルです。また、ブライダルモデルやデパートモデルは、その企業から直接依頼されることが多く、モデル募集の広告を出しているのは、この企業モデルの割合が多いです。

絵画モデルは画家や絵画教室でのモデルを指します。人物画のデッサンのモデルが仕事なので、あまり身動きが出来ません。裸体になることもあり、抵抗がある人には向きません。

モデル募集に応募する時の注意点

まずは行動あるのみ!モデル募集の広告はチャンス?

ここではモデル募集に際しての注意点について説明していきます。求人雑誌等のモデル募集に応募したいと思っていても、アルバイトの面接と違い、「審査」が必ずあるのがモデル募集です。その点を踏まえて説明します。

応募要項を確認する

初心者でもわかるモデル募集の見方から応募までの流れでも書いてあり当たり前のことですが、応募の条件を満たしているかは、モデル募集で大きなポイントになります。

アルバイトの応募であれば履歴書を書いて、面接時に提出するだけで済みますが、モデルとなるとそうはいきません。

履歴書は「応募書類」として審査の対象になります。

写真選考があり、顔写真、バストアップ、全身写真等、応募するモデルの種類によって提出する写真が違ってきます。

また、自己PRも忘れてはいけません。モデル募集で応募が殺到すると、採用担当者は書類のアピールを元に、次のステップである書類審査へと移ります。普通のアルバイト感覚では100%、モデルとしてデビューすることは出来ないでしょう。

書類審査、面談審査

書類審査をパスし、見事2次審査に進む事が出来れば、ようやく採用担当者と面談することが出来ます。

ここで注意すべきポイントは「社会常識」、「目力」です。

挨拶など、社会人、学生に関わらず元気な声で話しましょう。それだけの事ですが、採用担当者の印象は大きく変わります。モデル採用で重視されがちなポイントは「目力」です。採用担当者と目を合わせなかったり、視線があちらこちらに飛んでしまったりするようでは、暗いという印象や、落ち着きがないといった印象を与えかねませんので注意が必要です。

モデルを募集している媒体

まずは行動あるのみ!モデル募集の広告はチャンス?

モデル募集の広告は何を探せばいいのでしょうか?ここではモデル募集を掲載している媒体について紹介していきます。

雑誌

読モを中心とした誌上モデルは、その雑誌の最期のページに掲載されている事が多いです。

また、読モが企画しているようなページでも「読者モデル募集!」と言った広告が掲載されていることがあります。

自分が普段読んで、ファッションの参考にしている雑誌があるのであれば、その雑誌の読モに応募した方がよいでしょう。採用率がぐんと上がります。

求人雑誌にもまれにモデル募集の広告がありますが、ほとんどが企業モデルです。なんの写真のモデルなのかを見極めて応募しましょう。

インターネット

インターネットから応募できるモデルには多くの種類があります。いまでは企業も当たり前にHPを持っています。

また、ポートレートモデルや、ファッションモデル、ブランドモデルはインターネットでの一般公募がほとんどです。

自分の目指しているモデルを明確にして応募しましょう。

こちらも合わせて確認しておきましょう。

読者モデル募集は専属モデルのオーディションと思え!

雑誌のメイクモデル募集はスカウトの幅を広げるチャンスゾーン?

まとめ

まずは行動あるのみ!モデル募集の広告はチャンス?

夢のモデルデビューのチャンスを広げるモデル募集。大事なのは、自分がどんなモデルになりたいかという事。

しっかりと自分自身のビジョンを持って、夢に挑戦して掴み取りましょう!

TOP BACK TO TOP