Official

モデルオーディション募集の時に気を付けること

モデルオーディション募集の時に気を付けること

モデル募集に応募して、合格、そのあとで華々しくデビュー!

憧れの職業について読モやファッションモデルになって雑誌の表紙を飾れてみんなから憧れる存在になって、有名人になっていくようなイメージをしていないでしょうか?

自分の才能だけで何も努力しないで、雑誌やテレビに出られている人なんていません。

綺麗で美人なのに世に出ていない人も沢山います。

モデルの人たちが普段から努力していること、今からでも出来ることに注意しながら、オーディションに臨みましょう。

モデル応募の時に気をつけること

モデルオーディション募集の時に気を付けること

初心者でもわかるモデル募集の見方から応募までの流れでもありますが、モデル募集オーディションの応募するときに気を付けたいのは、まず自分の特徴をつかんでおくこと。自分はどのスタイルが良いのか?足?顔?腕?全体的なフォルムを鏡や自分の写真で良く理解をしておくことです。

自分の事を把握しておくことで、アピールするところ、アピールできるところ、人とは違うポイントを理解していきます。

オーディションになぜ応募するのか?強い動機を確認しておきます。

オーディションに合格したあとで、少なくとも今より多くの人に自分という存在を他の人に知ってもらい、商品や企業のアピールをしていきます。

学校やアルバイトと違い、これから世に出ていくという自分の存在を強く持っていくことが大切です。

自分の存在がクライアントの商品を紹介して、より魅力的な商品となって売れるようにしていくためには、自分自身も魅力的な人になっていくことです。

化粧をしすぎない

オーディションでの注意点は、派手な化粧をしすぎないことです。

素の自分を知ってもらうために、厚塗りの白塗り状態の化粧や奇抜な化粧をしていては、良いところを分かっていただくことは難しいです。

モデル募集オーディションの時は、アナタをよりわかっていただく為に、素に近いナチュラルメイクをしていくことです。

化粧一つで印象も変わることですが、自分の元の表情や輪郭などわかるメイクしましょう。

服装を派手にしすぎない

モデルオーディションでの服装もとても迷うと思います。

モデル募集での勝負服はこれ!というものがあるかもしれませんが、もう一度見直してみてください。

ブランドのロゴが大きく入っていたり、柄がごちゃごちゃバラバラな服装やダボダボなパンツでスタイルが分からないなど、流行りの服ではあるけど、オーディションには向いていない服もあります。

当日に慌てて用意することがないように事前に自分でチェックしてみてください。オーディションの時の服装、書類審査の時も同様ですが、自分のスタイルが分かるような服で、あまり派手すぎる服装は避けて下さい。

アクセサリー類も、身に付けることで自分に自信が無いために付けているんだなと思われてしまうのと、そちらにばかり目がいってしまい、肝心のあなたに目がいかないので避けましょう。

髪色を気をつける

髪形や髪の毛の色にも気を付けましょう。基本的に一番良い髪の毛の色は黒です。

日本人の特徴を最大限に活かす色であり、派手な金髪などはあなたのイメージとは違う印象を持たれてしまうことがあります。

女優の有村架純さんも普段演じる役の時は黒髪なのに、映画ビリギャルを演じた時は、金髪にしていました。わざと金髪の印象でおバカな印象を与えています。髪の毛から出る印象は強くあります。

金髪まではいってなくても、茶髪の人も注意してください。

モデル募集オーディションの前に、美容院に行く時間がないからと、頭のてっぺんから黒い部分が見えてくる、いわゆるプリン状態になってしまっていないか確認して下さい。

お手入れをしてない髪や悪印象を与えます。モデルの人は常に美の意識を強く持っているものです。

モデルの募集要項を確認する

今回の自分の受けるモデルオーディションの募集要項をよく確認しましょう。

オーディション応募の性別、年齢確認、いったいどのような人を募集しているのか。募集の人数や、注意点を確認しましょう。

モデルに合格した後にどのようなお仕事をするのかを良く確認してください。今回のオーディションはどのような人を求めているかをしっかりと確認することで、準備出来ることも違います。

今回は何を求めているのでしょうか?

洋服を素敵に見せるモデル、だけだとしてもその服は、どのようなジャンルなのか?水着なのか、カラフルのか、冬服なのか?仕事をする為に必要なことを出来るだけ自分で情報をつかんでおくことです。

もし過去にも開催しているモデルオーディションの場合は、過去の応募者や選ばれた人を知っておくと良いです。

モデルスカウトに関しては『【モデル事務所直伝!】街中でモデルのスカウトをされるために必要なコト』も合わせてお読みください。

モデル募集をしている企業のことを調べる

モデルオーディション募集の時に気を付けること

今回の募集している企業の情報も頭の中に入れておくことも重要です。

その企業が募集している商品やサービスを理解しておくことで、アピールできることを増やしていきます。伝統的な会社なのか、比較的新しい会社なのか。

売っている商品はどのようなものか、薬品なのか、時計なのか、食品なのか、ジャンルを確認します。

まとめ

モデルオーディション募集の時に気を付けること

モデルオーディションに合格してやった!では、ダメです。

そこからがスタートラインなのです。

仕事をしていくうえで、重要なのは、本当に相手のことを思って仕事をしていくことです。

今回、募集してくれた、アナタを起用しようとしてくれているクライアントの方を理解することで、更にクライアントの売り上げやイメージアップに貢献できるお仕事です。

アナタの魅力を出せるようにしていきましょう。

TOP BACK TO TOP